北海道で開催されるライジングサンロックフェスティバル。
最近はラサロとも言われるらしいけどわたしは慣れないなぁ・・・。
関東から参加の場合、飛行機の確保などいろいろハードルが高いです。
お金もかかるので事前にしっかり準備して、
確実に用意しておきましょう。
私も今年久々の参加なので忘れてること多々。
また行くときのための備忘録としても残しておきます。

持ち物まとめは以下からどうぞ。

 

1.交通手段(飛行機)の確保(3ヶ月前)

開催期間は航空業界で最も繁忙期と言えるお盆期間です。
いかんせん時期的に高いし、安い券種からすぐ売り切れます。
ここで頓挫すると北海道に上陸すら叶いません。笑
なるべく早割で確保できるようにチェックは怠らないように!

その他、新幹線、フェリー等方法はありますが、
時間もかかるし基本的には飛行機がいいと思います。

2.宿の確保(3ヶ月前)

こちらもお盆の時期なので、
なる早で確保すべきです。
私は開催期間中はテント泊なので前乗り1泊分だけ確保してます。
新千歳から移動もまぁまぁかかるので、
前乗りをオススメします!

ちなみに、こういった手間を省けるオフィシャルツアーの提供もあります。
宿泊施設は選べませんが、
飛行機の手配などは普段しないと結構ハードル高いので初めて行く際に利用して来年以降は自分で手配するのもいいかもしれません。

3.チケットの確保(超重要)

キャンプサイト券

例年キャンプサイトのチケットは倍率が上がっており、
メインエリアのヘブンサイトエリアは最速先行で確保が原則となっています。
抽選制で外れることもザラにあるので、覚悟が必要です。
チケット詳細が発表されたら確実に先行申し込みしたいところです。
例年2月くらいに最初の先行が発表されるので、そこで確実に抑えましょう。

場内駐車券・もしくは場外駐車券

本州から行く際は場内駐車券は必須でないかもしれませんが、
レンタカーなどを借りたりする人は必須です。
こちらも倍率が高いので確保できる時に確実に抑えておきたいです。
私は今回シャトルバスで向かうつもりだったので場内駐車券は抑えていません。

チケットさえ確保してしまえば、
あとは追加アーティスト発表に一喜一憂して待ちましょう。

お風呂ツアー券

ライジング会場内には簡易シャワーしか用意されておらず、
一応時間予約制のようですがすぐ埋まってしまうようです。
会場近辺にバスで送迎してくれるお風呂ツアーがオフィシャルから提供されています。

男性よりも女性の方がはやく売り切れる傾向にあります。
発売日に確実におさえておきましょう。
ちなみに、私は買い逃してmixiで譲ってもらいました。
ありがたや…。

シャトルバス券

麻生駅から会場までシャトルバスが運行します。
車で向かわない人は確実に抑えておきましょう。
売り切れることはないはず。

4.荷物の発送

道外からの参加の場合、キャンプ道具などは発送が基本。
7月末頃に発送の受付を開始します。
ゆうパック指定なので注意!!
また、空輸になるので送れない品物も多いです。
通常の発送よりも注意して梱包しましょう。

オフィシャルグッズの事前通販があります。
当日会場で並ばずにゲットできるのでおすすめ。
送料がかかりますが、並ばずにゲットできるので便利です!

最後に

と、ここまでは用意をしていますが、
台風5号が全力で北海道に向かい始めています。
何の恨みがあるんじゃーーーーー!!!!
飛行機飛ばないかもねーーー!いやーーー!

ああ、無事に上陸できることを願うしか無いなぁ。